Vegeskin

インターネットで旅するデジタルノマドのブログ

もしもバブルが起きた時に釣られて爆上げする可能性があるのはADA(エイダコイン)?!

  2018/03/02

コンバンワ。

インターネットで稼ぎまくって世界を旅しているババ(@Vegeskin1)です。

暗号通貨界隈はバブルが終わったともまだこれからだとも色々と言われていますが、個人的にはバブルはまだこれから来るんじゃないかと思っています。

今これだけ中途半端に冷えついた状況は、バブルが崩壊した後ではないと思う。

中途半端に生き残ったプレイヤーがまだまだたくさん生息しているのでこやつら(私を含む)をウォール街が放っておくわけがない!

いいかい!もう一度言うよ!バブルはもう一度来る!

最高潮まで上がって、その後絶望的に崩壊していく。今よりも安くなるかもしれない。

イーサリアム創業者のブテリンだって言ってる。「仮想通貨はいつ0になるかわからない」ってね。

今年限られた数種類の通貨が一気に暴騰すると言われていますが、その後短期間で全てが同時に無価値になる可能性だってあります。

果たしてADA(エイダコイン)はポテンシャルを秘めているコインなのでしょうか?

※このブログは個人的な意見で書かれています。投資は完全な自己責任で行ってください。

ADA(エイダコイン)普及の全体像

ADAはIOHKとEmurgo(エマーゴ)という2つの会社が運営しているカルダノというオンラインカジノプラットフォームで使われる通貨のことです。

主にIOHKは開発を行う会社でADA以外にもEthereum Classicなどの開発も手がけています。

Emerge(エマーゴ)はADA(エイダコイン)を使用するカルダノ・プラットフォームの営業を行う会社です。

このIOHKとEmurgo、そしてカルダノという3つセットで語られることが多いADA(エイダコイン)ですが、三権分立と言いますか三種の神器と言いますか。3本の矢と言いますか・・投資しても大丈夫なんでしょうか?

私は微妙です。全体像がよくわからんからです。

でもこの人が開発に関わってると知って少し安心することができました。

チャールズ・ホスキンソン氏です。

同氏は、イーサリアムとビットシェアーズの開発にも関わっていた人物で暗号通貨業界では皆が知る有名な人物です。

この人がいれば安心する人もいるんじゃないかな。ホッ

ADAにできること

個人的に今は微妙でも将来的に大化けするかもしれないので、しっかり動向は追っていきたいところです。

ADAとカルダノ・プラットフォームを利用すると以下のようなことができます。

ADAを使ったカジノで出来ること

  • スマコンを使った完全にフェアなカジノプレイ
  • 従来のオンラインカジノにはない利便性の向上

私にはADAのホワイトペーパーの内容を読んでも何のことか全くわかりません。

理由は専門的すぎてギークたちの言うことが理解できないからです。

日本語でADAのことについてあるものは以下のレストさんが書いた記事がもっとも詳しいと思います。

とりあえずこの記事から推測できることはADAは詐欺コインではないということです。

名前は世界初のプログラマーを称えてADA

ADAコインは19世紀に実在した世界初の女性プログラマーに敬意を表して名付けられました。

その女性プログラマーの名前は、エイダ・ラブレス氏

彼女は当時、男性の仕事だった数学の世界で偉業を成し遂げた人です。

当時は彼女の偉業は世間的にあまり認められていませんでしたが、構成になってしっかりと再評価されています。

ADAコインが生まれたのものその一環ですね!素敵!

ADAは海外取引所で買える

ちなみにADAは日本の取引所からでは購入することができません。

BittrexやBinanceから買うことができます!

 - 暗号通貨